一般治療

 歯が痛い、冷たいもの・熱いものがしみる、つめものがとれたといった症状にて来院される方が多いと思います。一度、むし歯になったところは、元には戻りません。
  
 口腔内には、むし歯の原因である細菌が食べ物の中の糖分をエサとし酸を出します。これらによって歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出して歯の中がスカスカになってしまいます。これを脱灰といいます。むし歯のなり始めです。

 むし歯は、その進行状態によって症状や治療方法が変わります。
 
   
<歯の断面図>


20070903212423.jpg

 
20070903214525.jpg



 
  <むし歯の進行>
 20070903210602.jpg                                                                      20070902181604.jpg

                        
                                        
                                                              

20070902182010.jpg20070901112244.jpg








 




20070902182429.jpg




            

 







 
  <治療方法>
                                                                    20070903211329.jpg
20070903211116.jpg

                                
                                                           
                                               20070903211839.jpg
20070903211622.jpg